ブライダルプランナー検定に合格するための試験必勝ガイド

HOME » ブライダルプランナー検定に合格するために » 検定をうけることのメリット

検定をうけることのメリット

ブライダルプランナーとして仕事をする上で、必ず必要な検定・資格というものは特にありません。弁護士や医師のように、資格がないと職に就けないということはないので、検定を取得する必要があるのか?と疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ブライダルプランナーの資格には、検定合格者が「取得しておいてよかった!」と感じる、この資格ならではの特性があると言われています。

それでは、ブライダルプランナー検定を受けるメリットとは、どのようなところにあるのでしょうか。具体的に解説してみたいと思います。

検定の試験勉強が実務に直結!現場で役立つスキルが学べる

ブライダルプランナーの資格は、取得者がブライダル業界で確実に活躍できる人材であることを認定するためのもの。ですから、ブライダルプランナー検定の試験には、結婚式や結納などに関する歴史や基礎知識といった座学だけではなく、プランナーとしての実務に関する問題も出題されます。

実際にお客様を前にした接客や、プランニングのスキル、クレーム処理など、ブライダルプランナーの職に就いてから役立つような実務の部分も、試験問題の中で問われるのです。

検定試験の対策は、プランナーとして一人前に仕事をするための学習そのものです。検定対策として学んだ内容が、そのまま検定合格後、ブライダル業界に就職してからの仕事に直結するという意味で、とても有意義であると言えますね。

ブライダル業界への就職に有利!

資格を取得することで、ブライダル業界で活躍できる人材であることが認定されるわけですから、当然のことながら就職活動の際、有利になることは間違いありません。

特にブライダルプランナーの資格は、実際の職場で即使える実務についても学習しているので、検定取得者が現場の即戦力となる人材である証明となります。

現在、ブライダル関連の資格はたくさんの種類が乱立している状態なので、“自分のスキルを磨きたい”、“もっと上のレベルのプランナーになりたい”とお考えの方は、国内資格のほかに海外資格を取得するなど、複数の検定を受験してキャリアアップを目指すのも良いですね。